« アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン | トップページ | ココ・アヴァン・シャネル »

男と女の不都合な真実

Photo

MOVIXさいたまが5周年の為、1000円で鑑賞してきました。

この男性、見たことあると思ったら『P.S.アイラヴユー』で優しい旦那様を演じていたジェラルド・バトラーでした。癖のあるお顔なので、今回の役のほうがしっくりきてたかなぁ。女性はキャサリン・ハイグル。聞くのも、見るのも初めてです。スレンダーだけどガリガリじゃなくて適度なボリュームがある。トレンディーボディーのハイグルは、女性の私でも見ていてうっとりします。

男と女の真実は心で惹かれあうことだった♪

     今回の幸せ貯金700円(/MAX1000円)

マイク(ジェラルド・バトラー)は、放送禁止用語なんて全く気にしない爆裂トークで番組の視聴率を稼ぐタレントです。「女は男にもてたければ外見を磨け!」「恋愛?そんなものどっかに言ってしまえ」と、終始この調子です。

その論理を活かして、彼氏募集中のアビー(キャサリン・ハイグル)にアドバイスをします。そして、目出度くアビーはハンサムなドクターをGET!このドクター、かなりインチキ臭かったです。新庄みたいな口元にマッチョな体。裏アリアリなフインキですが、一応裏は無かったかな。でも、結局はマイク先生と教え子アビーが惹かれあってしまいます。クライマックスはやっぱりエレベーターのシーンでしょうか?終始炸裂トークで彼女を楽しませていたマイクですが、彼女への気持ちを隠しきれなくなり、いきなり素の自分になってしまします。ビックボイスだったマイクが急に、オドオドした様になってしまうのは見ているこっちが恥ずかしくなるくらいです。さて、二人の恋の行くへは?・・・

ここに書くまでもないですがお決まりのハッピーエンド。

同じ様なテイストで、『そんな彼なら捨てちゃえば』が凄く楽しかったですが、こちらも笑えるシーンも沢山あったりで、結構楽しめました。

R-15ですが、そんな過激なシーンって無かったですけど・・・あれれっ?言葉が過激だったってことか。

それにしても、ジェラルド・バトラーは顔パンパンだったな。アップはちょっときつかったぁ。。。(笑)

|

« アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン | トップページ | ココ・アヴァン・シャネル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1263038/31625152

この記事へのトラックバック一覧です: 男と女の不都合な真実:

» 男と女の不都合な真実 [LOVE Cinemas 調布]
『ラスベガスをぶっつぶせ』のロバート・ルケティック監督最新作。どこか不器用な大人の恋愛を描いたラブコメディ。主演は『P.S.アイラヴユー』のジェラルド・バトラーと、『幸せになるための27のドレス』のキャサリン・ハイグル。監督・俳優ともに大好きな私としては試写会当選に小さくガッツポーズ。実はもう一本同じ日に当たっていたのですが、そっちをスルーして行って来ました。... [続きを読む]

受信: 2009年10月 3日 (土) 23時57分

» 「男と女の不都合な真実」ラブ&コメの新しい可能性を見た [soramove]
「男と女の不都合な真実」★★★★ キャサリン・ハイグル、ジェラルド・バトラー主演 ロバート・ルケティック監督、95分、2009年、アメリカ 、2009-09-18公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「アメリカの地方の女性TVプロデューサーが主人公、 有能な彼女は恋愛の相手に理想を求めるあまり、 私生活では猫と会話する毎日、 そこへ下品な恋愛アウンセラ... [続きを読む]

受信: 2009年10月10日 (土) 11時16分

» 「男と女の不都合な真実」“超肉食系エロエロ大王”降臨! [シネマ親父の“日々是妄言”]
 この映画“ラブ・コメ”なのに、“R-15+”なのです。「男と女の不都合な真実」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。どこが引っ掛かったんでしょう?アレですよね~、アレ!でも問題のシーンは、確かに少々“お下劣”だったかも…?    アビー(キャサリン・ハイグル)は、TV局の敏腕プロデューサー。しかし、私生活では完璧な男性を追い求め過ぎ、理想の恋愛とは程遠い毎日を過ごしていた。仕事でも、担当しているニュースショーの視聴率が芳しくなく、焦るアビー。そんな或る日上司に呼び出されたアビー... [続きを読む]

受信: 2009年10月12日 (月) 22時33分

» ★「男と女の不都合な真実」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みの3本目。 「300」とか「ベオウルフ」とか、肉体モノが目立つジェラルド・バトラーと、 「無ケーカクの命中男」にでてたキャサリン・ハイグルの主演作。 [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 04時13分

« アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン | トップページ | ココ・アヴァン・シャネル »