« ウルヴァリン:X-MEN ZERO | トップページ | 空気人形 »

グッド・バッド・ウィアード

Gbw_2 やっとチャンイに逢ってきた~
ロードショウと同時に観にいきたかったのにとうとう終了間際の駆け込み鑑賞となっちゃった(TT)
シネシャンは何年振りだろう?何十年振りかな?
そして、これまた久しぶりの定額料金鑑賞となっちゃった。

出演:イ・ビョンホン(パク・チャンイ役) / ソン・ガンホ(ユン・テグ役) / チョン・ウソン(パク・ドウォン役)

ビョン もちろん良かったけどガンホもウソンも最高!チェゴヨー
★今回の幸せ貯金 800円(/MAX1000円)

韓国映画でウエスタン風ってなんだかよく分からない設定だけどなんせ副題が「むちゃくちゃでいいのだ」だからね!

BAD(悪いヤツ)のビョンは悪役を楽しんで演じていたように見えました。
それくらい、ノリノリで見ていて痛快!
腕を一生懸命切り落とそうとしてたのにはかなり引きましたけど、ちょっとコミカルな仕草とかも織り交ぜながら悪役チャンイ楽しませてくれました。
定番の腹筋!今までで一番凄かった気がする。ウエストあたりはぎゅうぎゅうに絞り込んだ感じ!これじゃぁ 台場の母も飛びつくはずだ~(笑)

あと、評判通り好演だったWEIR(変なヤツ)ソン・ガンホ。
映画役者ですよね。私はドラマでは一切見たことないし。
道化の存在だけど、実はすごい腹黒くって侮れない変なヤツ。
一番怖いなぁと思いました。

韓国映画を観ていてよく考えるのが、「この役は日本人だったら誰が出来る?」ってこと。なかなか思い浮かばないのよね。
韓流ビイキな私ですけど、やっぱり韓国の役者さんのほうが数段パワーがあると思います。いろんな意味で。

最後、GOOD(良いヤツ)の、チョン・ウンソ様。実は、私的には彼のスタント姿が一番かっこ良かったです。
馬にまたがって爆走させながら、ライフルで撃つ・回す・また撃つのスタントって凄すぎませんか?!
どんだけ練習したのでしょうか?でも、それが、いいのか悪いのか非常に涼しい顔でやってのけてました。
 おいおいそんだけすごいことしてるんだけら もっと迫力ある顔しろよ! って思っちゃったりして。
プロモーション来日の時も、なんか控えめでしたよね。タッパもあるんだし、ビョンの人気を食ってやろうぐらいの勢いがあってもよかったのに、なんかビョン様に遠慮して立ってたような印象があります。優しい方なのでしょうね。(どう転んでも擁護解釈)
その控えめな感じがスクリーンにも出ちゃってて、ビョンとガンホの存在感に若干かすんじゃったかなーという印象。

お話は、宝探しのデスレースなんだけど、結局宝なんてものは端っから無いのは、みんな知っていたようですね。私は最後まで宝が埋まってると思ってました。(爆) 結局、そこにあったのは油田だったのですが、これって最初に見っけた人のものになるの?

クライマックスは3人の一騎打ち!
何発も撃ってたけど・・・
かなり、心臓打ちぬかれたようにみえたけど 二人は生き残ったのですね。

観客:「こりゃ~むちゃくだぁ~」

バカボンパパ:「これでいいのだ」

|

« ウルヴァリン:X-MEN ZERO | トップページ | 空気人形 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1263038/31673311

この記事へのトラックバック一覧です: グッド・バッド・ウィアード:

» グッド・バッド・ウィアード [LOVE Cinemas 調布]
『甘い人生』のキム・ジウン監督が西部劇を作ってしまった!「ムチャクチャデイイノダ!」をキャッチコピーに1930年代の満州を舞台で繰り広げられるハチャメチャなアクションが売り。主演は『私の頭の中の消しゴム』のヨン・ウソン、『G.I.ジョー』が記憶に新しいイ・ビョンホン、そして『グエムル -漢江の怪物-』のソン・ガンホ。予告編を観て以来楽しみにしていた期待作です! ... [続きを読む]

受信: 2009年10月 6日 (火) 19時42分

» 『グ ッド・バッド・ウィアード』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「グッド・バッド・ウィアード」□監督・脚本 キム・ジウン □キャスト イ・ビョンホン、ソン・ガンホ、チョン・ウソン、ユン・ジェムン、リュ・スンス、ソン・ヨンチャン、オ・ダルス、ソン・ビョンホ■鑑賞日 9月6日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 1930年代の満州が舞台のまさに韓国版マカロニ・ウエスタン。 無味乾燥した広大な環境に、一直線に走る満州鉄道。 そこで繰り広げられるギャングと賞金稼ぎのせ... [続きを読む]

受信: 2009年10月23日 (金) 12時32分

« ウルヴァリン:X-MEN ZERO | トップページ | 空気人形 »