« さまよう刃 | トップページ | きみに微笑む雨 /A good rain knows »

きみがぼくを見つけた日/THE TIME TRAVELER'S WIFE

                                               20091021_1287008_3                                                           予告がとても素敵でこれはよさそう!って感じました。 サンドラブロックの『あなたは私の婿になる』とどっちにしようか少し迷いましたが、ロマンチック度が高そうな本作品をチョイス!時空ものです。ヒロインが愛した男性はタイムトラベラー。

『ゴースト/ニューヨークの幻』と同じ脚本家による作品。本作品も勝手なイメージではふわふわと現在・過去・未来を行き来してヒロインを助けたりするのかなと思ってました。ところが、『バタフライエフェクト』並みの過酷な人生・・・ でも、もちろん全編せつないラブストーリーが軸です。

   

別れが見えているからこそ切なくも美しいラブストーリー

     ★今回の幸せ貯金 700円(MAX/1000円)

     監督:ロベルト・シュヴェンケ

     脚本:ブルース・ジョエル・ルービン

     出演:レイチェル・マクアダムス /エリック・バナ

     製作:アメリカ 2009年

冒頭で触れた”過酷さ”ですが、男性のほうの主人公 ヘンリー(エリック・バナ)は、タイムトラベラーですが、行く先もタイミングも自分では決められません。そう、突然タイムスリップしてしまうのです。女性のほうのクレア(レイチェル・マクアダムス)は、彼がタイムトラベラーであることも全て受け入れ結婚をします。

でも、結婚生活はかなり波乱万丈というか悲惨。だって、旦那様は突然どこかの時代に行ってしまい、いつ帰ってくるかも分からないのですから。下手すると2週間くらい帰って来てませんでしたね・・・><; クリスマス直前に居なくなって戻ってきたのは年明けなんて、淋し過ぎますよ。そんなことが続くものだから、クレアの心はだんだんと疲れてってしまいました。

タイムスリップしてしまうヘンリーのほうは、もっともっと大変。いきなり、裸でさまざまな時代にほうり出されて、いつ現在に戻れるか分からないんですから。

結婚式当日も、いきなりヘンリーがタイムスリップしてしまい、代わりにやってきたのは未来からのヘンリーで白髪交じりになって結婚式にでました。こんなところは時空ものの醍醐味というか一番楽しいところですね!

そして、ヘンリーはある日自分の娘に遭遇し娘が5歳の時自分が死ぬという事を知るのであった・・・

ここら辺からどんどん切ない度がUPします。

ヘンリーは自分が今日がこの世に生きる最後の日だと知っているので、友人にそして妻に最後の別れの言葉を交わします。(TT) 最後のヘンリーの死に方がまた過酷な死に方だったな・・・ えっ、なんでやねん?!ですよ。

正直、想像してた程は泣く感じではなかったな。

最後のほう、ヘンリーが死んでから、過去から娘と妻に会いにやってくるところは一瞬ウルッと来たけど、「そっかー ヘンリーは死んだけど過去からちょくちょく会いにこれるんだな」って思ったら、この再会が最後じゃないってことだから・・・・ってことになって、一瞬出そうになった涙がいなかっぺ大将の大ちゃんみたいに涙が引っ込んじゃったぁ(笑)

とはいえ、レイチェルとエリックのラブストーリーは予想通り素敵でした♪レイチェルってほんとキュートって言葉がぴったりな愛らしい笑顔。10代、20代、30代とそれぞれ自然に違和感無く演じ分けていたところもすごかったな。

エリックはハンサムにも見えるしちょっと違うなーって見える時あって、よく分からなかった。私的には、最後の白髪交じりの時が一番素敵でした。

人を愛するって素敵だなって思わせてくれるラブストーリーってやっぱり好きです!

|

« さまよう刃 | トップページ | きみに微笑む雨 /A good rain knows »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

トラ・コメどうもでした。
タイムトラベルものって突っ込みどころ満載だけど、
本作は切なさあり、どんでん返し的結末あり・・・と、
泣けるけど、ある種痛快な出来で、
ひらりん的には結構楽しめました。
レイチェル・マクアダムスは若作りから、お母さん役まで、上手く演じ分けられてました。
ひらりん的に、目をつけてたeye女優さんが活躍すると、
嬉しいもんです。

投稿: ひらりん | 2009年11月 3日 (火) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1263038/32007178

この記事へのトラックバック一覧です: きみがぼくを見つけた日/THE TIME TRAVELER'S WIFE:

» 『きみがぼくを見つけた日』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「きみがぼくを見つけた日」□監督 ロベルト・シュベンケ□脚本 ブルース・ジョエル・ルービン □キャスト レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ、アーリス・ハワード、ロン・リビングストン、スティーブン・トボロウスキー、ジェーン・マクリーン、ブルックリン・プルー■鑑賞日 10月24日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 予告で「ゴースト/ニューヨークの幻」の脚本家〜 ・・・思わず先日... [続きを読む]

受信: 2009年10月31日 (土) 08時43分

» きみがぼくを見つけた日 [そーれりぽーと]
時空を超えたラブストーリーと言えば、『ある日どこかで』然り、『バタフライ・エフェクト』然り、『イルマーレ』然り、俺が一番好きなタイプの映画。 しかも時間移動の複雑な設定を生かして、取り返しが付きそうで付かない不条理劇であるほど泣けて面白い。 『ゴースト ニューヨークの幻』の脚本家が脚本を書いたこの映画はどんな風に結末を迎えるのでしょうか。『きみがぼくを見つけた日』を観てきました。 ★★★★★ まさに俺好みド真ん中。 原題通りタイムトラベラーとその妻を描いているのですが、タイムトラベラー自身は自分... [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 10時43分

» きみがぼくを見つけた日 [LOVE Cinemas 調布]
『ゴースト/ニューヨークの幻』の脚本家・ブルース・ジョエル・ルービンの最新作として注目の作品。主演は最近では『消されたヘッドライン』が記憶に新しいレイチェル・マクアダムスと『スター・トレック』、『ブーリン家の姉妹』のエリック・バナ。監督のロベルト・シュヴェンケよりむしろ、製作総指揮にブラッド・ピットが名を連ねることの方が意外か。タイムトラベラーに恋したヒロインの切ないラブロマンスだ。... [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 12時46分

» ★「きみがぼくを見つけた日」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週は貯まってるシネマイレージ会員の鑑賞ポイントを使ってのタダ観。 主演のレイチェル・マクアダムスは、ひらりん好みの作品によく出てくる女優さんなので、 ぜひ観ようと思ってた作品。 ... [続きを読む]

受信: 2009年11月 2日 (月) 00時32分

« さまよう刃 | トップページ | きみに微笑む雨 /A good rain knows »