« きみに微笑む雨 /A good rain knows | トップページ | パイレーツロック/THE BOAT THAT ROCKED »

母なる証明/MOTHER

T0007653お帰りなさいウォンビン!♪

待ちに待ったウォンビン復帰作。ほんとに、やっと戻ってきたのねぇと感慨ひとしお。

『ブラザーフッド』『マイ・ブラザー』から、5年も経ってしまいました。

韓国の兵役期間は2年ですが、彼の場合、怪我の為途中離隊した。それからが、長かったなー(TT) 単純に怪我の治療だけでこんなにもかかったとは思えない。途中離脱ということに、ほいそれと芸能界復帰を許してくれないお国の事情を考えざるおえない。結局入隊から5年の月日が経っていた。

ともあれ、彼は帰ってきてくれた!!!

冒頭に記した5年前の2作は題名の通り、弟役でした。そして、今回は『マザー』というからまたヒューマンドラマかと思っていました。ところが、『殺人の追憶』のポン ジュノ監督作品である"ミステリー"というから、期待は益々高まるばかり♪

多くのファンは、カッコいい・可愛いウォンビンを見れると期待していたのではないでしょうか?蓋を開けてみれば"知的障害者役"。ある意味汚れ役です・・・こういう予想の裏切られ方って大変いいです! 昔、ヨンSUMMERがファンを驚かす役どころといって挑んだ 激しいベットシーンが話題を呼んだ事もありましたが、今回の驚きのほうがずっとずっと好感が持てます。これからも、益々ウォンビンを応援していきたいと思いました。

冒頭 母の奇妙な踊りに思わず涙!!!

★本日の幸せ貯金 800円(MAX/1000円)

冬枯れの野原で踊るこの冒頭のシーンは皆さんどう感じましたか?大袈裟と言われるかもしれませんが、私は急に心臓が苦しくなり思わず涙が溢れました・・・ 奇妙なものを見てこんなに感動するなんて不思議な体験でした。

本当に凄いです!キム・ヘジャ@韓国の母~MOTHER~

きっかけはウォンビン祭りで観に行きましたが、この作品はキム・ヘジャ祭りでした(笑)

3694_img_2

トップの写真がこの映画のヘジャさんですが、実際は上段のような大変美しい女優さんです。とても、同じ人とは思えませんよね。ドラマで見るヘジャさんのお母さん役は大好きでいつも母なる暖かい台詞に感動しまくりなんです。また、『宮』の皇太后役はそれはそれはキュートで和まされる存在でした。

10705_m ↑もう一つ可愛いヘジャさん

そして、今回の映画では"鬼子神"!

女子高生の殺人の容疑で逮捕された息子(ウォンビン)の冤罪を晴らそうと母自らが、真犯人を追います。でもこのお母さんに特別な捜査技術があるわけでもなく、ただひたすら闇雲に走り回ります。

トジュンは本当に殺したのか?  真犯人は他に居るのか? といったミステリー展開が続くのですが、終盤に差し掛かるとこれがまた意外な方向に物語は進んでいきます・・・

私は、トジュンが殺したと思いました。鼻血は本当にでてたから・・・

冒頭の奇妙な踊りに触れましたが、ラストもこの母は乱舞します。私のボキャブラではとても説明しきれないラスト風景です。

韓国の文化は一言で言えば<恨の文化>であると言われています。ちょっと前の『セブンデイズ』の時も感じましたが韓国はこの恨(ハン)を描くのが非常に上手い。日本では絶対に作れない分野です。文化の力ってすごいです。

<ハン>が意味する要素は一つだけではない。ちょっと調べてみました↓

●悲哀と無念のこころ
●恨み
●情念
●党派内における人間の深い情
●党派間の激しい反目のこころ
●決意
●持続
●常に向上する精神
●正義感
●粘り強さ
●人並み外れた努力
●忍耐
●勇気
●勝利
●辛苦を乗り越えて行く心
●あきらめない心
●やさしい寛容のこころ。

|

« きみに微笑む雨 /A good rain knows | トップページ | パイレーツロック/THE BOAT THAT ROCKED »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

みやこさん、こんばんは!
TB&コメントありがとうございました。

キム・ヘジャさん、僕は本作で初めて観たんですけれど、その存在感に圧倒されました。
冒頭の踊りには不意をつかれましたが、それがラストにああいうふうに繋がるというのもさすが鬼才ポン・ジュノという感じがしました。
こちらのブログでキム・ヘジャさんの写真を見て、綺麗な方なんで驚きました。
映画では疲れた感じの漂うおばさんという感じだったので・・・。
あれも役作りだったんですね。
脱帽します。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: はらやん | 2009年11月 2日 (月) 22時12分

こんばんは。
コメントありがとうございました。
この映画のウォンビンの演技は凄かったですね。
キム・ヘジャの演技が凄いのはもちろんなんですが、
ウォンビンのあの知的障害のある役は演じるのが
大変だと思うんですが、それをうまく演じていれたと
思います。また5歳のころを思い出すときとラストの
母親にある物を渡すときのウォンビンの演技は特に
凄くて怖いぐらいでした。

投稿: はくじ | 2009年11月 4日 (水) 00時55分

はらやんさん コメントありがとうございます♪

鑑賞して3日経ちますが、"冒頭の踊り"がもう一度見たくなってきました(笑)^^;

振り付けあったのかな~
ヘジャさんから湧き出た踊りなのかな~?

>綺麗な方なんで驚きました。
一番印象が新しかった 『宮(クン)』というドラマでは、世間知らずなおっとりした皇太后様だったんです。すごーく可愛い和み系の役だったので、今回とのギャップに驚くばかりでした。 


投稿: みやこ | 2009年11月 4日 (水) 10時56分

はくじさん、こんにちわ。コメントありがとうございます♪

>また5歳のころを思い出すときとラストの
母親にある物を渡すときのウォンビンの演技は特に
凄くて怖いぐらいでした。

ほんとそうでした。
5歳の話で「えーー忘れて欲しいことこそ覚えている子なのね・・・」とぞっとさせられ、そしてラスト・・・でしたよね。
小鹿のような目をしているのに怖い演技でした。@@;

投稿: みやこ | 2009年11月 4日 (水) 11時03分

こんにちははじめまして!
コメントとTBありがとうございました。

ウォンビンよかったんですけど
母親がまたさらに凄かったですね~!
映画の中の方が老けてましたよね、
普段はきらきら輝いてる綺麗な方。
韓国のサスペンスって大好きです★

今後もまた宜しくお願いします~♪

投稿: mig | 2009年11月 4日 (水) 15時52分

migさん こんにちわ!
TB&コメントありがとうございます♪
とても光栄です^^

そうそう、ヘジャさんに尽きると言っても過言ではないくらいのすごい存在感でしたよね!

韓国サスペンスってなんていうか、エグイですよね。
見たくないものを一杯見せ付けてくるところにいつもクラクラさせられます。

やっぱり目が離せませんね♪

投稿: みやこ | 2009年11月 4日 (水) 22時59分

みやこさん、はじめまして。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

真相は闇の中というような終わり方だったけど、
私も犯人はトジュンのような気がしました。

ウォンビンは次回作ではアクション映画に主演されるそうですね。
足の怪我は回復されたのかな?
『レオン』のような作品らしいので大人の魅力を発揮出来そうですね。

投稿: BC | 2009年11月 5日 (木) 01時16分

BCさん、ようこそいらっしゃいました!
TB&コメントありがとうございます♪

ウォンビンの次回作はアクションですか?!
楽しみですが、くれぐれもモムチャンにだけは
なって欲しくないです・・・

投稿: みやこ | 2009年11月 5日 (木) 14時03分

こんばんは~^^コメありがとうございます。
「ハン」の文化。確かに日本人には作れないと
いうより、そもそも発想が無いですよね。悪い
意味ではなく。こういう作品を観ると韓流にま
た惹かれるんですよ。

それにしても、キム・ヘジャさんは韓国の母と
呼ばれているそうですが、素晴らしい存在感と
演技力でした。もちろんウォンビンの復帰も嬉
しいんですが、今回は彼女でしょう。
オープニングで?ながら引き込まれラストで繋
がる、この演出にはやられました。

投稿: KLY | 2009年11月 6日 (金) 01時54分

KLYさん、こちらまでいらしてくれてありがとうございます♪

確かに、日本には無いの文化ですね。
なんか、こういう凄みのある映画って日本でも出来ないもんかなってつい思ってしまうもんで。。。

韓国の歩んできた壮絶な歴史から生まれたハンの文化であると理解してます。実際、現在も休戦中であって本当の平和は訪れていない国ですもんね。

日本は、現状は戦争の無い平和ないい国であると思いますが、「平和ボケ」っていう言葉を聞くと 確かに~と自分のことも含めて反省しないといけないことが多い気がします。そして、この平和ボケのツケが今じりじりと押し寄せてきていて今の日本を不安にしているように思います。


投稿: みやこ | 2009年11月 6日 (金) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1263038/32032120

この記事へのトラックバック一覧です: 母なる証明/MOTHER:

» 母なる証明/마더 [LOVE Cinemas 調布]
『殺人の追憶』、『グエムル -漢江の怪物-』のポン・ジュノ監督が送るサスペンスミステリー。主演は“韓国の母”と呼ばれる国民的女優キム・ヘジャ。そして共演に5年ぶりに兵役から復帰したウォンビンが出演。殺人の罪を着せられた知的障害を持つ息子を助けるために、狂気ともとれる母の愛で真犯人を捜す姿を鋭く描いた作品だ。原案・脚本もポン・ジュノ監督が務めている。... [続きを読む]

受信: 2009年11月 2日 (月) 00時00分

» 母なる証明 [そーれりぽーと]
ポン・ジュノ監督最新作は、兵役帰りのウォン・ビンを迎えて母子の愛をサスペンス仕立てで描く。 今度はどんな風に唸らせてくれるのかすげー楽しみなんですけど! 『母なる証明』を観てきました。 ★★★★★ 漢方店を営む母と、知的障害を持つその息子の話。 母親が店から外を観ていると、息子が警察の車で連行されようとしている。 半狂乱で店から飛び出し、走って車を追う母。 母が拘置所で息子と面会した時、彼は近所の女子高生を殺害した容疑に関して、理由も理解できないまま警察の作成した供述書に拇印を押してしまっていた... [続きを読む]

受信: 2009年11月 2日 (月) 01時20分

» 「母なる証明」 ミステリーとして、人間ドラマとして第一級 [はらやんの映画徒然草]
ミステリーとして、そして人間ドラマとして第一級の作品として仕上がっています。 ミ [続きを読む]

受信: 2009年11月 2日 (月) 06時04分

» 『母なる証明』 [ラムの大通り]
(英題:mother) ----これも、プレスの中に 「ご紹介にあたりましてのお願い」が入っていた映画だよね。 そういのって逆に身構えるからやめてほしいって言ってなかった? 「そうだね。 できれば配るのは 映画が終わってからにしてほしいってところはあるけど、 まあ、そのことを自分もここで言っちゃっているわけだから、 ぼくも同罪か…。 さて、今回の“お願い”は大きく分けると次の3つ。 (1) ストーリーはここまでに。 (2) トジュンの役柄設定は、監督は詳細については言及していない。 (3) トジ... [続きを読む]

受信: 2009年11月 2日 (月) 17時41分

» 母なる証明 / Mother [我想一個人映画美的女人blog]
「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」 でも高い評価&注目を浴びるポン・ジュノ監督の最新作。 ある罪を問われた息子を守ろうとする母親を描いたミステリーサスペンス! ってことでかなり楽しみにしてました★ NY国際映画祭やカンヌ映画祭でも上映済み! 女子高生殺人事件の謎を解いていくミステリーものではあるけど、 映画の焦点、一番のみどころとなっているのは 一心に息子を思う母親の常軌を逸した心理と行動 5年振りの復帰となるウォンビン。 子供そのまんまのような、純粋さを持つ、知的障害の青年を見事に演... [続きを読む]

受信: 2009年11月 2日 (月) 23時40分

» 母なる証明 [映画君の毎日]
<<ストーリー>>早くに夫を亡くして以来、一人息子のトジュン(ウォンビン)と静かに暮らすヘジャ(キム・ヘジャ)。そんなある日、街で殺人事件が起こり、もの静かなトジュンが第一容疑者に。事件の解決を急ぐ警察がトジュンを犯人と決めつけ、無能な弁護人も頼りにならない... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 00時08分

» 母なる証明 [だらだら無気力ブログ]
『殺人の追憶』や『グエムル』のポン・ジュノ監督が殺人事件の容疑者に された息子の無実を証明するために真犯人探しに奔走する母親の姿を描いた サスペンスミステリー。漢方薬店で働く母親は知的障害のある息子・トジュンと二人暮らし。 母親にとってはトジュンの存在が全..... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 22時58分

» 『母なる証明』・・・ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:韓国映画、ポン・ジュノ監督&原案&脚本、キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ共演。 [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 18時32分

» 「母なる証明/マザー」家族を守るというなら、ここまでやるのだ。 [soramove]
「母なる証明/マザー」★★★☆ キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン、チョン・ミソン出演 ポン・ジュノ監督、129分、2009年、韓国                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← ウォンビンが退役後初めての出演作として韓国でも話題に、 200万人動員最短記録達成。 「知恵遅れの息子(ウォンビン)は 常に母(キム・ヘジャ)に見守られながら 気... [続きを読む]

受信: 2009年11月 5日 (木) 00時22分

» 『母なる証明』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「母なる証明」□監督・脚本 ポン・ジュノ □脚本 パク・ウンキョ □キャスト キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン、チョン・ミソン■鑑賞日 10月31日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ウォンビンが帰って来た。 おそらく彼をスクリーンで観たのは『マイ・ブラザー』以来だろうか・・・。 彼自身が選んだ復帰第一弾のこの作品、『ブラザー・フッド』もそうだったと記憶するが、 兄弟愛であ... [続きを読む]

受信: 2009年11月 6日 (金) 12時13分

» 「母なる証明」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                              「母なる証明」 新宿バルト9にて。 平日の昼間だというのに、何であんなに混んでいたのでせうか・・・? 13時の上映に余裕で間に合ったのに、座席がほぼ満席・・(T_T)。 最前列はイヤだったので、しぶしぶ次の回の座席を予約・・。 おそらくこの混み具合は、「This Is It」の波及効果だと思われますな。 しかたなく新宿をぶらついた私でした・・。 それはさておき、「母なる証明」。韓国映画であります。 「チェイサー」といい、最近の... [続きを読む]

受信: 2009年11月 6日 (金) 13時19分

» 母なる証明 [シネマ大好き]
車にひかれそうになった息子(ウォンビン)に取りすがり、自分の指の血を息子のケガと間違える母(キム・ヘジャ)。皿に料理を取り分けてやり、用を足している所にさえ、薬を飲ませに来て尿の具合を見る。 母親がここまで息子にべったりなのは、彼が知的におぼつかない、頼..... [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 23時00分

» ウォンビンら、韓流スター4人が日本に集結するワケ [ネット社会、その光と影を追うー ]
12月、韓国を代表するスター4人が日本に集結する。 [続きを読む]

受信: 2009年11月 9日 (月) 19時14分

» 映画「母なる証明」 [おそらく見聞録]
監督:ポン・ジュノ(天才ですね。最近、虜になってしまいました) 出演:キム・ヘジャ(韓国の母と呼ばれているらしい)ウォンビン(美男子過ぎてビビる) 出演:チン・グ(ボンクラ役最高に良かったです)ユン・ジェムン チョン・ミソン  静かな街で起こった凄惨な殺... [続きを読む]

受信: 2009年11月22日 (日) 12時15分

« きみに微笑む雨 /A good rain knows | トップページ | パイレーツロック/THE BOAT THAT ROCKED »