« 母なる証明/MOTHER | トップページ | 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官/CROSSING OVER »

パイレーツロック/THE BOAT THAT ROCKED

T0007910 11月の映画の日は日曜日。これは最低でも2本は観ておかないと損!というわけでずっと楽しみにしていた『母なる証明』と時間のつなぎも良かった本編をチョイス!
ロックを愛した男達のお話。会話の掛け合いに噴出しまくりで楽しかったです。でもノリノリロックンロールとまでは行かず・・ 
自分はこういったエンターテイメントムービーに乗れないタイプなのかもと再認識。

権力に屈しないファンキーな男達
★今回の幸せ貯金 700円(MAX/1000円)

1966年のイギリス。ロックは人間が堕落する凶悪の元であると、政府は厳しい規制を張っていた。しかし、老いも若きも大衆はロックを渇望。
それに答えるように、海上の停泊船から24時間ロックを流し続けていたのが「ラジオ・ロック」だった。そこでDJをする8人の男達の痛快ストーリー。

日常から彼らはロックのリズムで会話を楽しみ、ジョークを飛ばす。この世ともそろそろおさらばかといった絶対絶命の危機にさえ、その精神は失われないのがまた笑っちゃうんです。
そのノリの良さはそのままマイクを通じてリスナーに伝わるり、最高にハッピーにしてくれる。そして、彼らが合間合間かけるミュージック。観客はまさに「ラジオ・ロック」のリスナーになった気分だ。音楽に疎い私でさえ、馴染みのある曲がたくさんかかります。

終盤、思わぬタイタニックな展開!いやいや彼らは絶対助かると確信を持ちながらもつい泣いちゃう私は、正に思惑通り?(;^_^A  

それにしても、海底から伯爵が鯨のしぶきの如く飛び出してくるのはもう勝手にしてって言いたくなるような悪乗りブリ。

音楽好きなら本当に体を揺らしながら楽しめる映画だと思います。

|

« 母なる証明/MOTHER | トップページ | 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官/CROSSING OVER »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

最高にファンキーなラジオですよね。
途中に結構ファンが映って、それも老若男女色々。
愛されてたのがラストに繋がるという嬉しさ♪
それぞれにファンがいて、ファンの系統も違ってた
りするとこも良かったなぁ。(笑)

投稿: KLY | 2009年11月 4日 (水) 03時00分

どうも。結構ノリが良くて楽しめました。
もうチョッとストーリーが頑張ってほしかったですけど、よかったです。

最近、映画を見始めたばかりなら、今までで好きな作品を5本くらい教えてもらえれば、最近で合いそうな作品を見繕みてもいいですよ(ちょっと上からぽい書き方でいやらしいですが)。

投稿: クマノス | 2009年12月 4日 (金) 13時10分

クマノスさん、こんばんわ。


パイレーツ・・はお気に召されたみたいですね!ノリがほんと良かった。
私的にちょっとって思ったのはファンの女の子が我こそはって捧げちゃってる姿が引っかかりましたけど。


ありがとうございます!
怖い系お奨めいただきましたが、更に私好みの一本を選んでいただけるんですね。^^

それでは、早速5本、細かい説明無しに行きますね!

エデンの東
タイタニック
猟奇的な彼女
デイジー
ミザリー

こんなんでましたけど ^^;

投稿: みやこ | 2009年12月 4日 (金) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1263038/32044496

この記事へのトラックバック一覧です: パイレーツロック/THE BOAT THAT ROCKED:

» パイレーツ・ロック [LOVE Cinemas 調布]
1960年代のイギリスに実在した海賊ラジオ局をモデルにした作品。公海上に停泊する船から24時間ロックを流し続けるラジオ局のファンキーなDJとその仲間たちの生活を描いた痛快なミュージックドラマだ。主演は『ダウト あるカトリック学校で』のフィリップ・シーモア・ホフマン。共演にビル・ナイ、ケネス・ブラナーなど名優が揃う。監督は『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス。... [続きを読む]

受信: 2009年11月 2日 (月) 23時05分

« 母なる証明/MOTHER | トップページ | 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官/CROSSING OVER »