« カールじいさんの空飛ぶ家 / UP | トップページ | ハート・ロッカー »

ゴールデンスランバー

T0007899_4 すごい久しぶりの映画館鑑賞。キャーすんごい寝ちゃったぁ・・・ めったに無いくらい気持ちよーくなってしまったcoldsweats01

題名のスランバー(slumber)=まどろみ っていう意味なのね。なので、「黄金のまどろみ」っていう和訳になるのですが、ビートルズの曲名にあるとのこと。

私はまさにその"黄金のまどろみ"を体験してしまったのでした・・・

「お前オズワルドにされるぞ!」という台詞だけで、すごいワクワクする展開を期待してたのですが、どーもなんかイマイチで、出演されてる俳優さんにも誰にも観ていて惹かれるものも感じませんでした。

堺雅人さんは、去年から主演張りまくってますよね~。ドラマも、映画もちょっと拝見したことありましたが、普通っぽそうで笑顔がちょっと怪しい独特な雰囲気の俳優さんだと思います。だからと言って何処がそんなに人気なのかな~?・・・

竹内佑子さんは、痩せすぎちゃっててちょっと魅力半減していたように見えました。

で、内容のほうはなんせまどろみまくっていたので、語る資格も無いのですが、終盤は一応また正気に戻っていたのでちょっとだけ書くと・・・堺さん演じる青柳が首相を爆破した犯人に仕立てられちゃうのですが、その黒幕とやらはでてくる様子もなく終了してました。見終わってから他の方の感想を読んだら、やっぱり犯人は明らかにならないらしい。

そこら辺は、見る側が色々と想像を巡らしながら、主人公の逃亡劇を楽しむものだったのだろうか? ふ~ん。起きてても詰まんなかったかもww。

それにしても、ブロガーさんの感想はすごく面白かった意見が大多数のようにでした。

へぇ~

人気作家・伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説の映画化です

全く期待せずに観た『重力ピエロ』は意外に面白くて、その後『アヒルと鴨のコインロッカー』『死神の精度』を観たのですが、どれも楽しめたのですがね。。。

|

« カールじいさんの空飛ぶ家 / UP | トップページ | ハート・ロッカー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

出会い率99%を誇る、かってないサイトが登場!!自社独自の業者シャットダウン方法と、巡回によりシロウト率100%。ここで出会いが成功しない事は無いと、口コミで熱いサイトです

投稿: 出会い率99% | 2010年12月 3日 (金) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1263038/33677741

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンスランバー:

» ゴールデンスランバー [LOVE Cinemas 調布]
伊坂幸太郎が2008年の本屋大賞と山本周五郎賞を受賞したベストセラー小説の映画化。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フィッシュストーリー』と伊坂作品お馴染みの中村義洋。主演はこれまた中村監督の『ジェネラル・ルージュの凱旋』で共演した堺雅人と竹内結子。他には吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之、柄本明を始めとする人気俳優が揃っている。伊坂作品常連の濱田岳も健在だ。 ... [続きを読む]

受信: 2010年3月 8日 (月) 01時03分

» ゴールデンスランバー [だらだら無気力ブログ]
2008年の本屋大賞や山本周五郎賞を受賞した人気作家・伊坂幸太郎の同名 ベストセラーを『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』 に続いて中村義洋監督が映画化。 仙台を舞台にある日、首相暗殺犯の濡れ衣を着せられた男が、決死の 逃避行をする様をスリリ..... [続きを読む]

受信: 2010年3月 8日 (月) 23時30分

» 舞台挨拶へ行けなかったので1000円で見てきた『ゴールデンスランバー』 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポート...... [続きを読む]

受信: 2010年3月10日 (水) 22時32分

« カールじいさんの空飛ぶ家 / UP | トップページ | ハート・ロッカー »